キラーコンテンツとは?意味と「作り方」「活用方法」をわかりやすく解説

こんにちは、ネットビジネスメディア運営のカラスです。


いきなり質問ですが、
自分のコンテンツが今までにないくらい爆発
的にヒットしたらすごく嬉しいですよね?


そこで重要になってくるのが
キラーコンテンツです。


このキラーコンテンツを
「知らない」「作ってない」「使ってない」
では非常にもったいないので


本記事では「キラーコンテンツ」という用語
の解説と「作り方」「活用方法」を紹介します。

キラーコンテンツとは?

マーケティング用語を学んでいるイメージ

まず初めに、キラーコンテンツの言葉の意味
とWebマーケティングにおいてのキラーコン
テンツはどのようななものなのかを解説します。

キラーコンテンツの意味

キラーコンテンツは英語で、
「Killer」と「Contents」が組み合わさった
マーケティングの用語で、


簡単にいうと、
「必殺のコンテンツ」となります。


言い換えると、
サッカーの強目のパスをキラーパスという
ように、見込み客に強いインパクトを与える
コンテンツとも言えます。


キラーコンテンツは成約率、購入単価に大き
く影響し、売上に直結する重要なコンテンツ
なのです。

Webマーケティングにおけるキラーコンテンツの例

Webマーケティングのイメージ画像

ではWebマーケティングにおいてキラー
コンテンツとはどのようなものがあるか例を紹介します。

レビュー・口コミ

ユーザーによっては、口コミやレビューを
気にするユーザーもいます。


特にWeb上での商品、サービス購入であれば
実際に商品をみたり、サービスを体験する事
はむずかしいのでレビューや口コミは
キラーコンテンツとして有効です。

2
実績や導入事例

例えば、あなたが広告の記事やSNSでみたサービス、商品が大手企業も採用している者や楽天やアマゾンのランキングで1位になったとわかったらどうですか?


おそらくそのサービスや商品に大きな信頼を
寄せるでしょう。


そのように、事例や他のプラットフォームや
ECサイトでの売上実績などもキラーコンテ
ンツにすることができます。

3
商品サービスの紹介

商品やサービスの紹介ページや
紹介記事もキラーコンテンツとして
採用することができます。


商品に関して詳しく説明することや
価格や機能を紹介することは
購買意欲をあげるのに適しいていますが、


しかしほとんどの業者が商品や
サービスの紹介をするページや記事を
当たり前のように持っています。


そのため、「強み」や「自社サービスにしか
ない独自のポイント」を伝える必要があります。

キラーコンテンツを作る際の3つの注意点

キラーコンテンツの制作風景のイメージ

ここからはキラーコンテンツを作る際の注意
点を紹介します。


注意点は以下の3点です。

  1. 優先順位の高さ
  2. 独自性があるか
  3. わかりやすいか

ではひとつひとつ解説していきます。

1. 優先順位の高さ

この優先順位の高さというのは、
言い換えると見込み客にとっての重要度に
なります。


例えば、商品の機能がそこまで重視されず、
どちらかというと価格が安い商品が選ばれやすい業界で、


商品の機能面を強く押しすぎても
意味がないのですよね?


そのように事例で紹介した全ての項目に注力
すればいいかというとそういうわけではなく、


ターゲットにとって購入の際、何が一番気掛
かりになるかをしっかりと考えましょう。

2. 独自性があるものか

キラーコンテンツは、できるだけ独自性が
高いものが望ましいです。


例えば口コミを強く押したページを作ったとして、


その口コミに他の競合他社のWebサイトで
紹介されているのと同じようなものが書いて
あったら強く押しても見込み客には刺さりません。


「あなたの商品を選ぶ理由」が明確になる
独自性の強いキラーコンテンツを作りましょう。

3. わかりやすさ

わかりやすいコンテンツは良さや強みが
伝わりやすいコンテンツともなります。


逆にどれだけ優れたキラーコンテンツを用意
したとしても、伝わらなければ意味がありません。


そのためには、キラーコンテンツをわかりやすいコンテンツにする必要があります。


コンテンツをわかりやすい、伝わりやすい
ものにするためにできる工夫としては、

  • 動画などリッチコンテンツにする
  • わかりやすいフレーズや例え話を使う

といったものがあります。


リッチコンテンツがわからないという方に
向けて解説したページを下記に貼っておきます。

「リッチコンテンツ」とは?言葉の意味とメリット、デメリットを解説

キラーコンテンツの活用方法

キラーコンテンツの制作イメージ

では最後にWebマーケティングにおける
キラーコンテンツの活用場面を紹介します。


簡単にまとめると、
Webマーケティングでキラーコンテンツを
使うべきポイントは、


CV(コンバージョン)手前のWebページやSNSの投稿になります。


コンバージョンというのは、
その媒体の目的達成のことで、


SNSでいうと公式LINEの追加などにあたり
LPでいうと資料請求やフロントコンテンツ
の購入にあたります。


つまりキラーコンテンツは行動喚起を起こす
ためのWebコンテンツに組み込むのが望ましい
です。


注意点として、キラーコンテンツを日頃の
コンテンツの更新に使いすぎてしまうと
効果が薄れて、


肝心なCV(コンバージョン)の獲得が取れなく
なってしまうことがあります。


そのためブログの記事やInstagramの投稿な
どで、キラーコンテンツを容易に出しすぎな
いようにしましょう。

おすすめの記事