【爆売れ注意】売れるオンラインコンテンツの特徴を解説します。

もし、副業や個人事業で自分が作ったオンラ
インコンテンツが、


毎月100万円以上売れたらいかがですか?


近年、E-Book(電子書籍)や動画教材などの
オンラインコンテンツを販売するいわゆる
「コンテンツビジネス」と呼ばれるビジネス
が流行っています。


このページではそのコンテンツビジネスに
関して、売れるオンラインコンテンツの特徴
や展開の仕方を解説していきます。

オンラインコンテンツの市場規模と可能性

まず初めに、オンラインコンテンツを活用し
たビジネスは一体どれくらいの市場規模で、


個人でどれくらい稼げるのかをざっくりと
解説します。


まずオンラインコンテンツの市場規模に関し
て、


「下記の通信系コンテンツ市場規模の推移」というグラフを見てください。

通信系コンテンツの市場規模の推移

通信系コンテンツの市場規模の推移をグラフ化した画像

(出典)総務省情報通信政策研究所「メディア・ソフトの制作及び流通の実態に関する調査」

上記のグラフからもわかるように、

オンラインコンテンツの市場規模は映像系の
ものを中心に年々増加しており、


2018年の時点では4兆円にも登っています。


さらに、WEBやSNSなど通信サービスの利
用者が年々増えていることを考えると今後も
この市場はさらに拡大していくでしょう。


実際に私自身、オンラインコンテンツを2020年から取り扱い、月間で下記のような
売り上げを出すことができました。


コンテンツビジネスで著者が売り上げたエビデンス
コンテンツビジネスで著者が売り上げたBASEのエビデンス

実際に個人レベルのビジネスでもこのような
結果を出すことができるのです。


また、オリジナルのコンテンツを制作して
販売しているので制作に一切コストはかけて
いません。


つまり、オンラインコンテンツを販売する
このビジネスモデルは利益率がかなり高いので、


副業や個人事業でしっかりと稼ぎたい方には
かなりおすすめです。

オンラインで売れるコンテンツのジャンルとは?

市場規模が伸びていて、参入者が多く結果も
出ているからと言ってどんなオンラインコン
テンツでも売れるわけではありません。


極端な例えですが、


あまりネットを使わない高齢者の世代に
ウケのいいコンテンツを作っても、


ネットで売れるイメージはわきませんよね?


そのように、オンラインコンテンツには
「売れるジャンル」があるので箇条書きで
まとめました。

  • 起業、副業などのお金の稼ぎ方系
  • 転職や昇給など、キャリアアップ系
  • FXや株式投資などの投資系
  • ダイエットや筋トレ、コスメ情報などの美容系
  • モテ系
  • エロ系

上記のジャンルは比較的売れやすいです。


もし、あなたが今収入アップを目指している
のであれば上記のジャンルから販売する


オンラインコンテンツのジャンルを選びましょう。


それがあなたのコンテンツビジネス成功の第一歩です。

売れるコンテンツを作るために重要なこと


爆売れして、さらに顧客に喜んでいただき、利益を最大化させるには、


ただただ、オンラインで閲覧可能なコンテン
ツを作ればいいというわけではありません。


たくさん売れて、たくさん喜んでもらうに
は、ビジネスの本質を見失わないことです。


ビジネスの本質は「悩みを解決してその対価
をいただくこと」。


つまり、オンラインコンテンツの販売も、
本質的には「悩みの解決」にならなければ、


コンテンツは売れませんし、売れたとしても
顧客に満足してもらうことはできないでしょう。

たくさん売れて、たくさん喜んでもらえるコンテンツにするには?

利益を最大化せるには、

1人の顧客が高い単価を支払ってくれるか、
口コミが生まれてたくさんの人に買ってもら
うか、その両方かの三択です。


どれをなしえるにしても必要になるのは、
「顧客に満足してもらえるオンラインコンテ
ンツを作ること」です。


満足度の高いコンテンツの特徴を下記に
まとめたのでぜひ覚えてください。

  1. 悩みの解決になる
  2. ボリュームがある
  3. 提供媒体やデザインから情緒的な価値を感じられる

売れるコンテンツには上記のような特徴が
あります。


では解説していきます。

1. 悩みの解決になる

オンラインのコンテンツは、
購入者の「悩みを解決できる」コンテンツ
でなければいけません。


もし、これからオンラインコンテンツを制作
する方は、コンテンツを届けたい人の悩みを
できるだけ多く書き出してみてください。


そしてまずはそのたくさんの悩みからたった
一つの悩みでいいのでそれを解決できるテキ
ストを書いてみてください。


オンラインコンテンツ制作の第一歩は
そこからです。


すでにオンラインコンテンツを持っていると
いう方は、そのコンテンツが本当にターゲッ
トの悩みを解決できるものなのかを見直してみてください。

2.ボリュームがある

前にも述べたように、オンラインコンテンツ
の販売で大きな利益を上げるには顧客の満足
度がかなり重要になります。


そこで意識するべきはコンテンツ自体の
ボリュームになります。


例えば、9800円で購入したコンテンツに
・動画教材10分×10本
・レポートコンテンツ20ページ×10個
・特典として100ページのレポートコンテンツ

上記のようなボリュームになっていたらいか
がですか?

たった9800円でこれだけのボリュームがあれ
ばおそらく、


いい口コミが生まれるか、


購入者はさらにグレードが上のコンテンツを
購入してくれるでしょう。


では同じ9800円で以下のようなボリュームは
いかがでしょうか?

・動画教材5分×3本
・レポートコンテンツ5ページ×3


同じ9800円でも前述したコンテンツに比べて満足度がかなり落ちるボリュームになって
います。


同じ悩みを解決してくれるほとんど同じ内容
のコンテンツだとしてもボリュームによって


「口コミが広がるかどうか」や「リピートしてもらえるかどうか」は左右されます。


特典をつけたり、本コンテンツ自体の
ボリュームをできるだけ大きくして満足度の
高いコンテンツを制作するようにしましょう。

デザインや提供媒体から情緒的
な価値を感じられる

「情緒的な価値」とは、コンテンツ自体の
機能面の価値ではなく、


コンテンツを受け取った顧客が感じることが
できる精神面の価値のことです。


この情緒的な価値も顧客の満足度に大きく
関わっています。


ではどうすれば情緒的な価値を見出すことが
できるのでしょうか?


そこで重要になってくるのが「デザイン」と
「提供媒体」です。


まず初めにデザインに関してですが、例えば
下の2つの画像を比べてみてください。

デザインが情緒的価値に影響することを証明するための画像(良い例)
デザインが情緒的価値に影響することを証明するためのいい例の比較対象の悪い例の画像

上記のようなコンテンツがある場合あなたは
どちらにお金を払いたいですか?


確実に前者ですよね?


このように中身を見ていなくてもデザインを
意味ただけで人は価値をつけてしまうのです。


そのため、コンテンツの表紙や販売ページの
デザインなどもしっかりと作り込むようにしましょう。


次に、提供媒体で情緒的な価値を与えると
いうのがどういうことなのかを解説します。


このページで言う提供媒体とは、


コンテンツを
「レポートで提供するのか」
「動画コンテンツで提供するのか」
「音声コンテンツで提供するのか」
と言った具合に


どんな形で提供するのか?と言う話になります。


これもデザインが情緒的価値に影響してるの
と同様に、


情緒的価値に大きく影響します。


質問するまでもないと思いますが、
PDFでコンテンツがもらえるか、


動画コンテンツとしてもらえるかなら動画コ
ンテンツのほうが精神的な価値は大きくなる
のはイメージできますよね!


このようにオンラインコンテンツを制作して
より大きな単価で売り上げを作りたい場合は、


より価値を感じてもらえる提供媒体を活用し
ましょう。

コンテンツ販売でさらに大きな利益を出すために

では最後にコンテンツ販売でさらに大きな利
益を出すためにどんな工夫をすればいいのか
をご紹介します。


このページで紹介する工夫は主に2つです。


まずは、販売コンテンツを複数持ち段階的に
販売すると言うことです。


具体的には、
「フロントコンテンツ」
「ミドルコンテンツ」
「バックエンドコンテンツ」
と言う形で3段階制作できるといいです。


例えば、SNSや広告から公式LINEに集客して
まだ間もない見込み客に対していきなり10万
円を超える動画コンテンツを販売するのは難しいです。


そこで980円くらいで購入できるレポート
コンテンツをフロントコンテンツとして販売
するとしましょう。


初回の購入率が上がりますし、


さらにフロントコンテンツで満足度を上げることができれば、


10万円を超えるバックエンドのコンテンツも
購入してもらえる可能性が上がります。


このように販売するオンラインコンテンツを
価格とグレードを変えて販売することで、


購入率や顧客単価が変わり利益を最大させる
ことができます。


続いてコンテンツ販売の利益を最大化させる
ための工夫として


「サブスクリプション型」のサービスを展開
する工夫があります。


サブスクリプションとは、月額決済などの
定期購入型サービスのことです。


いわゆる「サブスク」のことです。


例えば、動画コンテンツを単発5万円で販売
するよりも、


会員サイトで閲覧できる形にして月額5,000
円で利用できるようにすれば年間で1万円


多く売り上げを大きくすることができます。


そのようにサブスクでオンラインコンテンツ
を展開するだけでも年間の売り上げを大きく
することができるので


是非実践してみてください。

まとめ

近年副業や個人事業として人気のあるオンラ
インコンテンツの販売ビジネスですが、


このビジネスで大きな利益を上げるには、

・売れるジャンルを選択すること

・悩みの解決になる質の高いコンテンツを大
きなボリュームになるように制作すること

・デザインや提供媒体はより情緒的な価値を
感じてもらえるクオリティの高いものにする
こと

・コンテンツを複数持ったりサブスクで展開
すること

上記のような工夫をするだけであなたのオン
ラインコンテンツは爆売れする可能性がかな
り上がります。

ぜひ実践してみてください。

おすすめの記事