【初心者向け】読んでもらえるWebライティングの構成

こんにちは、ネットビジネスメディア運営のカラスです!


今回は、初心者でも、読んでもらえる文章を作れる構成について解説します。


この構成を把握することで、

・ブログやSNS、広告の文章構成を
 どのようにすればいいか分からない

・文章を書いても読んでもらえている気が
 しない

・どんな文章を作ればいいか分からない



といった悩みを解決することができ、
誰でも簡単に「読んでもらえる文章」を
書くことができるようになります。

そもそもWebライティングとは?

そもそも私がここでいうWebライティングとは、広告のコピーをはじめとしたWeb上での文章全般に言えることで、


・広告コピー
・ブログのライティング
・インスタグラムの投稿
・ツイート
・Youtubeの原稿



などにあたります。


つまりあなたがWeb上で制作している
コンテンツはほとんどがWebライティングによるものになります。


そのため、もしあなたが正しく
Webライティングを行うことができなければ


Webでモノが売れないだけでなく、
Web集客や見込み客の教育もできなくなる
ため、


あなたはWebで収益化することが
できなくなります。


なので、まずはこの記事でしっかりとWebライティングの構成を学んでください。

文章の型は基本的に主張型で構成しよう!

具体的な構成に入る前に、「どんなことを書けばいいか分からない」という方へ、


Webライティングの基本は「主張する」と
いうことだと覚えておいてください。


「悩みを持っている人に対して、解決策を主張してあげる」


これがWebライティングの基本です。


この主張することが基本だという認識を覚えてけおば、あとは主張することを決めていくだけなので、


今まで悩んでいた
「何を書けばいいか分からない」ということはなくなると思います。

初心者向けWebライティングの構成

Webライティングがあまり得意ではない方や初心者の方は以下の構成をそのまま使っていただけるといいかと思います。

おすすめのライティング構成

①興味付け
②問題提起
③主張する
④理由を述べる
⑤具体例を述べる
⑥ネガティブな意見への見解を述べる
⑦再度主張する

ユーザーは基本的に注目して、自分のことだと認識して初めて関心を寄せます。


そのため最初は興味付けと問題提起に
なります。


あとは結論から順に理由、具体例、反対意見やネガティブな意見への見解を述べて再度主張することで読み手がスムーズに読めるようになります。

興味付けは、キャッチコピーが重要

キャッチコピーとは、商品やサービスについて、もしくは文章の続きについて興味を引き付けるためのフレーズのことです。


つまりキャッチコピーが最初の興味付けに
大きく影響するのです。

キャッチコピーはどうやって考えればいいの?

キャッチコピーは自分で考えることを
お勧めしません。


自分で考えるというよりも、
他の優秀なコピーを参考にするのがおすすめという方が正解かもしれません。


キャッチコピーは他の企業のCMやランディングページ、ブログの書き出しを参考にして作るモノなのです。

問題提起の王道な決まり文句

問題提起は前述したように読み手に「自分のことを言っているんだ!」「続きを読まないと!」と思ってもらう重要な場所です。


これは王道な決まり文句があるのでそれをそのまま使ってください。

問題提起の王道なフレーズは「こんなお悩みありませんか?」

LPやブログのライティングで
この「こんなお悩みありませんか?」というフレーズを見たことがあると思います。


このフレーズの後に、ターゲットが悩んでいることを箇条書きで書くことで、


読者は「自分のことを言われている」と認識して最後まで自分のコピーを読んでもらう可能性が上がります。

まとめ系、〇〇選系は主張型ではないので構成が変わります

ブログやインスタグラムの投稿などでよく見かける、「〇〇3選」や「〇〇まとめ」と言ったようなコラムの場合は


たった一つのことを主張するわけではないので前述した王道のライティング構成でまとめれるわけではありません。

とにかく書き始め、書ききること

初心者やライティングが苦手な人にありがちなのは「書き始めないこと」と「書ききらないこと」です。


Webらティングは書かないと始まらないので、まずはこのページで紹介した、


「興味付け」→「問題提起」→「主張」→「理由」→「具体例」→「ネガティブ意見への見解」→「再度主張」の構成で文章を一つ完成させることから初めてみましょう!


直すべきところは基本的に書かないと見つからないのでいろいろ難しく考えるのは書いてからです。

おすすめの記事