【ヒント:通販】年間売上を3000万アップさせたマーケティング施策

ネットビジネスメディア運営のカラスです!


この記事では実際に年間売上を3000万円
アップさせた具体的なマーケティング手法に
ついて解説していきます。


もし今、
・売りたいサービス、商品があるけど全然売れなくて焦っている

・もっとたくさん集客できるようになりたい

・もっとセールスの成約率をあげたい、顧客単価をあげたい


そんな悩みをお持ちであればこのページで
どのようにマーケティングすれば


今の悩みを解決することができるかが
必ずわかります。


ちなみにヒントはタイトルにあるように
【通販】です。

Webからうまくセールスできない原因

Webで売上をアップさせるためにSNSの
アカウントを作ってみたり、


ブログを立ち上げてみたりと挑戦する企業や
事業主は多いみたいですが、


実際うまくいっている人は一握りです。


そういったWeb施策を試しても売上が
伸びない大きな理由は主に3つです。

Web施策を試しても売上が伸びない原因は?
  • 集客できていない
  • 成約率が悪い
  • 顧客単価が低い

Webで売上が伸びないほとんどの原因は
この3つです。

当たり前ですよね?


マーケティング戦略を少し変えるだけで上記
の3つの数字が変わるので今よりも売上を
伸ばしたい方は続きを読み進めてください。

売上アップするには売上の方程式を知ることから

売上がどんな掛け算から成り立つのか考えた
ことはありますか?


細かく細分化するとたくさんの数字が
組み合わさって売上は構成されていますが、


シンプルに考えると売上の方程式は以下の4
つの数字の掛け算で成り立つのです。


アクセス数、成約率、購入単価、リピート率。


つまり売上をアップさせるにはまず、


アクセス数×成約率×購入単価×リピート率


この方程式に沿ったマーケティングを
展開する必要があるのです。

売上を効果的にアップさせるWeb施策の正体

前述した方程式に沿って効果的に売上を
アップさせるにはどのような施策を打てば
いいのか?

その正体は、ツーステップマーケティングです。

ツーステップマーケティングとは?

ツーステップマーケティングとは、
本商品購入前に、


無料でモニターやお試しとしてサービスを
受けてもらって最終的に本商品の購入へと
つなげていくマーケティング手法です。


例えば、化粧品通販で初月500円で購入できたり、


動画配信サービスで初月無料で利用できたり
するのは全て販売者がツーステップマーケティングとして行っている施策です。


実際に私も

こういったツーステップマーケティングを
コンテンツビジネスに応用することで


年間5000万円以上売上をあげられるようになりました。

なぜツーステップマーケティングは売上アップするのか?

ツーステップマーケティングで売上がアップする理由は、


「集客口が無料もしくは低額」
「関係値を構築してから商品を販売」

という点で必然的に、

【アクセス数×成約率×購入単価×リピート率】のすべて数字がアップするからです。


ツーステップマーケティングで鍵になるのは、とにかく最初にセールスをしないと言う点です。


コンテンツビジネスやアフィリエイトなど
個人でできるネットビジネスで


初心者が最初にやってしまう失敗が
ツーステップマーケティングの真逆、


つまりいきなりセールスしてしまうということです。


酷い方はDMで値段提示して商品を
セールスしている人もいます。


もしそのようにマーケティングしている方が
いたらすぐにビジネスのやり方を変えましょう。


WebでDMしたり知り合ったユーザーに
いきなりセールスしたりするのは


例えるなら道端で出会った人にいきなり
セールスするのと同じことです。


もし自分が道端を歩いていていきなり商品
をセールスされたらいかがですか?


おそらく即断るでしょう。


では道端で出会った人と友達になって仲良く
なってから商品を紹介してくれたらいかがで
すか?


初対面の時より断る確率は下がるでしょう。


そのようにツーステップマーケティングを
実践すれば断られる可能性が大きく下がり、
売上がアップします。

ツーステップマーケティングに必要なモノ

ツーステップマーケティングで売上をアップ
させるには

1.集客メディア(SNS、ブログ、広告アカウント)
2.ランディングページ
3.モニターサービス
4.公式LINE
5.販売コンテンツ


以上の5つの媒体が不可欠です。


どれが欠けても売上をアップさせるコンテン
ツビジネスが完成しないので必ず上記の5つ
は用意しましょう。

集客にはトリプルメディアを使う

Webマーケティングにおける集客媒体はトリ
プルメディアと言われ、


その名の通り、アーンドメディア、オウンド
メディア、ペイドメディアの3種類あります。


アーンドメディア(Earned Media)】
Earnedとは評判を獲得すると言う意味で、アーンドメディアとは、

主にSNSを中心としたユーザーや消費者が
起点となるメディアのことです。

アーンドメディアのメリットは、

ユーザーとの距離が近い分コミュニケーショ
ンが取りやすいのとファンを獲得しやすいと
ころです。


また短所としては

「構築に時間がかかる点」
「参入障壁が低く偽物が多く存在する」

この2点だと私は考えます。


【オウンドメディア(Owned Media)】
オウンドメディアとは「自社で保有する
メディア」と言う意味で主に事業者が
運営するブログのことを言います。



オウンドメディアのメリットとしては、

「SEO対策することでGoogleから集客できること」「他の媒体に比べて資産性があること」「SEO対策に成功すれば大きなブランディングになること」

と言うのが挙げられます。

メリットが大きい分構築には時間を
要します。


【ペイドメディア(Paid Media)】
ペイドメディアとは日本語にするとお金を
払うメディアのことなので簡単にまとめると
広告のことです。


ペイドメディアの最大のメリットは即効性
です。


オウンドメディアやアーンドメディアは
構築すればお金をかけなくても集客できる
武器になりますが、


構築にはかなり時間がかかります。


そこでペイドメディアを効果的に使うこと
で事業スタートから効率よく集客すること
ができます。


デメリットとしてはお金をかけないと運営できないことなので、


時間やお金が無駄にならないように知識を
つけて取り組みましょう。


3つの特性を生かしてバランスよく集客する
ことで月間何千何万ものアクセスを集められ
るようになり、


売上アップにつながります。

質の高いランディングページを用意

ランディングページとは、

定義上はユーザーが最初にアクセスするペー
ジのことですが、


ここでは見込み客を集めるためのページ、
もしくはコンテンツを販売するためのページ
としてランディングページと呼ぶことにしま
す。


ランディングページがあることにより、


営業やプレゼンテーションをしなくてもユー
ザーが見込み客になってくれたり、


購入者になってくれたりと効率よくセールス
までの導線を作ることができるのが最大の
メリットです。


制作には
「ライティング」「デザイン」「コーディン
グ」とそれなりに工程はかかるため、


ツールや外注を上手に活用して質の高いラン
ディングページを制作しましょう。

公式LINEで見込み客との関係構築

ツーステップマーケティングでは見込み客と
の関係構築も非常に重要です。


公式LINEで見込み客との関係をしっかり
築けるかどうかで見込み客の本商品購入率、
つまり成約率が変わります。


そして売上がアップするかどうかが
決まります。


では、見込み客との関係構築のために
どのように公式LINEを活用すればいいの
でしょうか?


ここでは3つのポイントでお話します。

公式LINEの運用で見込み客と関係構築するための3つのポイント



1.公式LINEで情報を受け取る目的を明確にしてあげること

ただ情報を受け取るだけ、

ただ商品の説明を受けるだけといった「なん
となく精神」の見込み客がたくさん集まって
もマネタイズには一切繋がりません。

配信する情報やセミナー、勉強会など開く中
でユーザーの目的意識をあげていきましょう。

例えば、副業コンテンツを運用するのであれ
ば「そのユーザーはなぜ副業をする必要が
あるのか?」の部分からしっかりと明確にしてあげるといったイメージです。


2.豊富な無料コンテンツで満足度アップ

無料で受け取ることができるコンテンツを
できるだけボリューミーにしましょう。


そうすることでユーザーに商品購入前から
満足感を与えることができ、購入率が上がります。


ただここで注意しないといけないのが
コンテンツの制作費用やサポートにかかる時
間などコストをかけすぎてしまうことです。


いくら購入率をあげるためといえどコストを
かけすぎてはいけません。


配布コンテンツとしてはレポートコンテンツ
と動画教材がおすすめです。


3.できるだけ自動化しつつ、直接コンタクトが取れるタイミングも作る

ツーステップマーケティングを実施すると
見込み客はたくさん集まりますがそうなって
くるとほとんどの方はLステップを活用して
公式LINEの運用を自動化するでしょう。


そこで一つ注意したいのがユーザーと全く
接触しなくなるのはNGだと言うことです。


理由は明確で全く顔も知らない、みたことも
ない人から高単価の商品を購入する方は
ほとんどいないからです。

自動化する中でも、Webセミナーを開くなど
してユーザーと接触する機会を作り信頼を
構築しましょう。

最重要なのは価値を提供すること

どんな商売にも言えることですが、
コンテンツビジネスで売上アップするには、


ユーザーの悩みを解決できる価値を提供し続
けることが最重要です。


「(見込み客を)集めたい」「売りたい」
そういった気持ちが先走って焦るのもわかります。


しかし、ビジネスの本質は、価値を提供して
その対価をいただくことです。


これは、SNSやブログの発信や公式LINEで
更新する情報も全て含めて同じことが言えます。


提供する情報やコンテンツの質と問題解決の
精度をあげて多くの人の救いになる喜ばれる
ビジネスを目指しましょう。


そうすればあなたのビジネスはもっと売上がアップするはずです。

おすすめの記事