「リッチコンテンツ」とは?言葉の意味とメリット、デメリットを解説

こんにちは!
Net Business Media運営のカラスです。

このページではWebマーケティングの業界で
よく耳にする「リッチコンテンツ」について、


「正直わからない」と言う人のために言葉の
意味とメリット、デメリットを解説します。

リッチコンテンツとは?

まず初めにリッチコンテンツの言葉の意味と
どのような使い方をするのかを解説します。

リッチコンテンツの意味とは?

リッチコンテンツとは、

動画やアニメーション、
音声などを利用したコンテンツのことです。


動画や音声を使うため、
従来のHTML形式ベースの表現に比べて、


ユーザーに「わかりやすく」「直感的に」
コンテンツを伝えることができます

リッチコンテンツの例

ではリッチコンテンツの事例について紹介していきます。

⒈Youtube動画

Youtubeのイメージ画像

ブログやホームページなどWebサイトにYoutube動画を埋め込む事業者は2010年ごろから増えており、


モバイル通信の速度が上がったり、
動画サイトを利用するユーザーが増えていた
りすることが背景とされています。


解説やプレゼンテーションを文章では伝えづ
らい部分にわかりやすく伝えるためや


企業のイメージをより鮮明に伝えたい部分でブランディングの目的で使われていることが
多いです。

2.TikTok

TikTokのイメージ画像

日本では2018年ごろから中高生の間で
流行り出した動画配信方のSNSでこれも
リッチコンテンツの一つです。


事業者にとっての最大の魅力はMAU
(月間アクティブユーザー)が世界で1億人を
超えていることではないでしょうか?


※実際アクティブユーザ数はSNS運用では
かなり重要になります。


また、それだけでなく15秒の短編動画を簡単
な動画の加工で投稿することができ、


twitterやInstagramよりもバズりやすい点も
魅力の一つとされリッチコンテンツとして
戦略目をつけている事業者は少なくないです。

⒊漫画

ネット広告や動画広告でおなじみの「漫画」
もリッチコンテンツの一つとされています。

漫画を活用したコンテンツの魅力は
「目に止まりやすい」「文章よりも読みやす
い」「わかりやすい」といったものがあり、


最近は音声を組み合わせることで動画コンテ
ンツとしても活用されています。

実際にある企業では漫画コンテンツ導入後に
Webサイト滞在時間が導入前の2倍になった
と言う事例もあるようで、


効果の高いリッチコンテンツとして期待できそうです。

リッチコンテンツのメリット・デメリット

ここまでリッチコンテンツについてその言葉
の意味と事例を紹介しました。


ではここからリッチコンテンツのメリットと
デメリットを紹介します。


ここで紹介する情報を踏まえてリッチコンテ
ンツをどのようにあなたのビジネスに取り入
れていくかを考えていただけると嬉しいです。

リッチコンテンツのメリット

リッチコンテンツのメリットは以下の通りです。

  1. わかりやすく説明できる
  2. 滞在時間を稼ぐことができる
  3. 他社と差別化しやすくブランディングになる

上記のような点でホームページやブログの
トップページ、広告などでリッチコンテンツ
は大きなメリットとなります。

リッチコンテンツのデメリット

リッチコンテンツのデメリットは以下の通りです。

  1. ダウンロードや読み込みが遅いとWebサイトからの離脱につながる
  2. 表示速度が遅くなるため、SEOで不利になる
  3. 制作にコストがかかる

このようにメリットだけでなくリッチコンテ
ンツにはデメリットもあります。


しかし目的を明確にし、必要性を理解して
制作するのであれば多少コストがかかっても
あなたの事業に大きく貢献してくれるはずです。

まとめ

今回はマーケティング用語の解説として
「リッチコンテンツ」について書きましたが
理解していただけましたでしょうか?

まとめるとリッチコンテンツとは、「動画や
音声、漫画などを利用したコンテンツ」で
あり、


ユーザーにわかりやすく伝えられる点や
ブランディングになる点で今多くの事業者に
注目されています。


リッチコンテンツの活用にはデメリットも
あるので注意しながら適切にあなたのビジネ
スに役立てましょう。

おすすめの記事